アマン東京-ホワイトアフタヌーンティー

d0348772_23085958.jpg
3/1からホワイトデーにちなんで2週間だけ白をテーマにしたアフタヌーンティー
なので明日まで。
受付でクロークあるのか一応確認したら、
「ありますので、ご案内の方に預けてください」
とのことでしたが、結局、預かりますの一言もなく、空いてる椅子に置いてください(笑)
俺の安いコートが皺になるだろー!
まぁ、ここはリゾートホテルだからねww
これでフォーブス4星は評価しすぎ。
宿泊時も思ったが、シティホテルとしてはスタッフのレベルが低い。
雑誌やらブログ?に影響されすぎじゃぁねーの?
今時アマン、アマンって騒いでるのはミーハーな女子とビリーバーくらいだろうし。
超高級リゾートなんて代名詞、マスメディアが作り上げてるだけ。

今後はNYをはじめ、シティリゾート?をつくっていくようだけど、
アマンのリゾートを1.2泊程度で泊まり歩く自称アマンジャンキー?のミーハーくらいしか支持されなくなっちゃうか心配
オーナーも、おそロシア系だし。




d0348772_23104862.jpg



紅茶はロンネフェルト
d0348772_23094906.jpg


喉乾いてたのでとりあえず紫蘇モヒートから


お茶はホワイトアフタヌーンティーなのでホワイトにちなんで

ホワイトティーのシルバーニードルw

d0348772_23174794.jpg

中国産だよね?たぶん。
d0348772_23194228.jpg

入れ方微妙。
前回宿泊した時、スタッフはかなり入れ方も研修したとのことだったが・・・

もちろん世界一高いといわれる、
あの、ダージリンのシルバーニードルズは違います(笑)

d0348772_23222846.jpg

とにかくここのアフタヌーンティーはチョコが多いうえ、ホワイトチョコばかりなので、甘い!甘い!!
d0348772_23260476.jpg

ここのスコーンは美味しい
前回あった黒いスコーンはなし


下段のセイボリー
d0348772_23252063.jpg

順番は気にせず甘いものと交互に召し上がって下さいとのこと。

確かに、下段のセイボリーから食べたら、中段のプチスイートでギブかも。

交互に食べても無理だったけどw


d0348772_23273426.jpg

ベルギーのミゼラブルは中にバタークリームと宮崎県産の日向夏のソース
ウィーンのカーディナルシュニッテンは中にコーヒークリームと金柑
パリのプランセスはメレンゲ りんご
びわの付いたタルト

靴の中にキャラメルが入ってて、これ食べた後は甘いチョコはきつかったw

d0348772_23282070.jpg

ホワイトチョコでできたリボンの付いた球体の中はゆずのパートドフリュイ
ブルーベリーとフランボワーズの入ったホワイトチョコのバッグ
マカロンはココナッツとホワイトチョコ


d0348772_23303652.jpg

白苺とあまおうのシャンパンジュレ 帽子もホワイトチョコ
さすがこだわりの白いちご!


d0348772_23313180.jpg

カプレーゼは、バジルソースをスポイトに入れた凝った仕様


d0348772_23323343.jpg


d0348772_23321578.jpg

ちょっと甘すぎ、この時期だから楽しめるんだろうけど、やっぱりブラックでいいや。
d0348772_23331464.jpg


d0348772_23333642.jpg


d0348772_23351972.jpg


[PR]
by 96-55 | 2016-03-13 23:39 | 2016 Domestic | Trackback

アマン東京の続き
プール,フィットネスジム,ダイニング
d0348772_21325300.jpg
30mのラッププール

d0348772_21331975.jpg
都内で屋内ラッププールはコンラッド(25m)くらいかな。
でも高級ホテルでプール・ロッカー・温浴施設・フィットネスジム・更衣室があり無料で利用できるのはこことシャングリラのみ。
都内のホテルで私の中で高級ホテルといえるカテゴリーのホテルチェーンは
1.フォーシーズンズ、ペニンシュラ、マンダリンオリエンタル
2.リッツ、パークハイアット、シャングリラ、パレス、帝国、オークラ
あたりか。
さすがにインタコ、コンラッド、グランドハイアット、アンダーズというブランドは・・・違うかな。場所にもよりそうだけど。

d0348772_21341612.jpg
2面ガラスの向こうはパノラマビュー
d0348772_21345214.jpg
新宿方面
d0348772_21350866.jpg


d0348772_21360133.jpg


d0348772_21355027.jpg


d0348772_21364944.jpg
東京タワー方面
d0348772_21373282.jpg
d0348772_21375489.jpg

d0348772_21380916.jpg
ヒーリング系の音楽が流れ・・・
耳に心地よく


d0348772_21402954.jpg

d0348772_21413109.jpg
まったり




d0348772_21421537.jpg
フィットネスジム

d0348772_21424406.jpg
スタッフもあれこれアドバイスしてくれてとても感じ良い。

d0348772_21430872.jpg

d0348772_21442210.jpg

d0348772_21445642.jpg

d0348772_21440141.jpg
テクノジム社製のトレッドミル



d0348772_21470280.jpg



d0348772_21460087.jpg
ザ・レストラン by アマン 33階
モダンコンチネンタル
和食、アジアン料理など
d0348772_21462998.jpg
心地良い音楽~


d0348772_21480413.jpg

d0348772_21501899.jpg


d0348772_21483140.jpg

d0348772_21490166.jpg


d0348772_21494819.jpg
34階にプライベートダイニング 5部屋 


d0348772_21515884.jpg


d0348772_21510940.jpg
レストラン&BAR

d0348772_21513447.jpg

d0348772_21525433.jpg


d0348772_21532044.jpg

d0348772_21540252.jpg

d0348772_21555398.jpg
d0348772_21561632.jpg




[PR]
by 96-55 | 2015-12-05 22:22 | 2014 Domestic | Trackback

Aman Spa / アマン東京


アマン スパ
d0348772_14024101.jpg

いたるところに和のテイストが感じられるスパ

d0348772_14035337.jpg


ホテル33階と34階に位置する2,500平米の広さを誇るアマン・スパ
眼下には東京湾を正面に筑波山から千葉まで見渡せる

d0348772_14043634.jpg


トリートメントの前に
三年番茶の漢方茶

プーアールをベースにクマザサなどがブレンドされているらしい
デトックス効果や利尿作用があるとか

d0348772_14053489.jpg


レジストレーション・フォーム
アマン東京のシグネチャーオイルはクロモジのオイル。

d0348772_14075017.jpg


黒文字のエッセンシャンオイルはピュアなエッセンシャルオイル。
エッセンシャルオイルは98%が海外産。
国産は2%くらいだそうで、クロモジのオイルになるとわずか。

d0348772_14095417.jpg


トリートメント スイート
トリートメントルームは8つあり、シャワールームやパウダーエリアを完備しています。

萩 / 一つだけあるカップル スパ スイート

d0348772_14120512.jpg


大きなバスタブあり

d0348772_14131622.jpg



d0348772_14135486.jpg



d0348772_14143612.jpg


まずはフットバスから
フットバスの中には・・・砂利。
皇居で使われているものと同じ砂利だそうです。
そして、スクラブ。
お部屋のバスソルトも同じものらしい?

d0348772_14154883.jpg


トリートメントオイルは4種類のオイルから

アマン定番のオリジナルオイルは
エナジャイズ、リラックス、ハーモナイズの3種類
もうひとつは ヒメコマツ というオイルでアマン東京のみ
ヒメコマツは爽やかな優しい香りで鎮静効果もあり肌の敏感な方に
お勧めはエナジャイズのオイル
ブラックペッパーやペパーミント、ジンジャーなどがブレンドされていて、
元気が出て血行を促進しホットストーンと合わせるとより効果的♪

d0348772_14170813.jpg


ベッドスローの上にある陶器
インドネシアで作られていて、古新聞を利用して作られたとか?
これを施術中、顔の下に置きます。

トリートメントの前に
クロモジのオイルで深呼吸をして始まります。

d0348772_14180716.jpg


ストーンは玄武岩。

最初のストロークで上手な方だとわかります。
ストーンが手に吸い付いているかのよう。石の温度も完璧。

d0348772_14192821.jpg


今までアマンスパに特別な印象はありませんが、今回のセラピストは、とても上手な方でした。

d0348772_14212789.jpg


トリートメントルーム
クロモジのスピーカーとルームフレグランス

d0348772_14220514.jpg


パウダールーム
シャワールームやパウダーエリアを完備

d0348772_14221681.jpg



d0348772_14230144.jpg


リラクゼーションエリア
各トリートメントルームと通路を挟んだ窓側にリラクゼーションエリアがあり、施術後、景色を楽しみながらお茶をいただきます。

d0348772_14234485.jpg


カップルスイートのリラクゼーションエリアはソファも大きく広い

d0348772_14250829.jpg


漢方茶

d0348772_14260380.jpg


金平糖にも黒
金粉がまぶしてある。

d0348772_14270681.jpg


クロモジのエッセンシャルオイル

千利休が、クロモジの香りが落ち着かせるとかで好んで使ったらしく、
その名残で今も楊枝にクロモジが使われているとか・・・
クロモジには抗菌効果もあり、楊枝には最適。
そして、香りも良い。
ローズウッドと同じ香りみたいです。

ローズウッドもクロモジと同じクスノキ科の植物。
アマゾンで採取し過ぎて現在は希少なローズウッドですが、
ローズウッドといえば、
シャネルNo.5。

不眠症だったマリリンモンローが不眠解消に効果もあるので愛用していたことは有名なはなし。
(現在のシャネルは化学香料を使っているのでローズウッドは入っていません。なので不眠解消の効果はなし)

日本固有のクロモジから抽出されるアロマオイルにも、ローズウッドと成分バランスがほぼ同じだそうです。
そればかりか、リナロールというリラックス効果が証明されている成分はローズウッドより多いみたいです。

d0348772_14281107.jpg
三度目の漢方茶をいただく

ちなみに2015アジアベストホテルスパだそうです。


[PR]
by 96-55 | 2015-12-05 22:11 | 2014 Domestic | Trackback


ジャパニーズバス

d0348772_20282820.jpg
日本の伝統的なしきたりであり、水によって身体や精神を清めることを行とした古代神道の「禊」に習い、この慣わしを「かけ水」として用意。 スパのバスエリアには展望つきのジャパニーズスタイルの大きなお風呂、かけ水や日本式シャワーエリア、スチームルームなども用意されている。
d0348772_20302458.jpg
バスエリアはスパ(34F)の受付から階段で1階下がった33Fにある。


d0348772_20305910.jpg
下りて右に行くと女性のロッカーと温浴施設

d0348772_20312430.jpg
下りて左(東側)の先にはプールとフィットネスジムがある。
この廊下の壁は
溶岩石、ラヴァストーンだそうです。

d0348772_20314884.jpg
このラヴァストーン
マイナスイオンの浄化作用もあり新鮮な空気に。

d0348772_20335545.jpg
温浴施設
正確にはロビー階(33F)の壁で隔てられた北側になる。
d0348772_20342371.jpg
ここで雪駄に履き替える。
アマンの良いところは、利用時に何のチェックも必要ないこと。
フィットネスジムもそうだけど、スパのフロントは素通りできて、部屋番号とか申告なしで楽ちんなんだよね。
但し、深夜のフィットネスジムの利用はチト面倒でした。
d0348772_20351550.jpg
部屋も玄関で靴を脱いでスリッパに履き替えるようになっていたが、
ここもジャパニーズスタイルに拘る。
d0348772_20565793.jpg
滞在中 何度もジムやプールを利用し、その度ここを訪れたがいつも空いていた。
現在、38階の1フロアのみ、約20室程度でゲストを受け入れているようです。
d0348772_20583199.jpg
利用時は6割が外国からのゲストのようでした
d0348772_20592842.jpg
浴衣もたくさん置いてある。
この浴衣に着替えてトリートメントルームへ行くんだけど、
プールで外国からのゲストがガウンのようにお召しになってた。
d0348772_20594672.jpg
ロッカー多過ぎてびっくり(笑)
ロッカーまで”和”にこだわる。
d0348772_21000975.jpg
まさに日本式の洗い場
この椅子や桶は、樹齢350年の檜。
お湯に濡れると、ほんのり香りがして、良い気分♪
お部屋もこれと同じものでした。
奥のスチームサウナもなかなかスチームが充満していて良かった。
d0348772_21002928.jpg
これ。
かけ湯じゃない。
これが「 禊 」のかけ水です!
知らないとかけ湯と勘違いして冷たい水を掛けてしまうかも(笑)
トリートメントの前の準備として、この慣わしを用意したということらしい。
禊のしきたりなんて日本人でもあまり知らないと思うけど、
はたして外国人はこの水かけるのだろうか・・・
まぁ、お風呂上りに足に冷水かけると、毛穴がふさがって温まる効果はあると思うが。


d0348772_21152466.jpg
浴室内にも、水やタオルが豊富に置いてあります。
出るとスタッフがこまめに片付けていました。
d0348772_21232595.jpg
そんなことより、日本人なら当たり前のように
お風呂に入る前に体を洗うか、少なくともかけ湯くらいはします。
しかし、外国人はそんなことしませんよ。
入っていきなり浴槽にドボンでしたから(笑)
銭湯でそんなことしたらオヤジが怒りそうw
d0348772_21241413.jpg
一応、見づらいところに注意書きあったけど俺も気が付かなかった^^;
フォーシーズンズ丸の内のように温泉ではありません。
なんか塩素っぽいにおいがしたよ。
d0348772_21244309.jpg
MOとシャングリラを眺めながら・・・

極楽極楽~~
都内でこんなにのんびりできるなんて。
まさに天空のアーバンリゾート^^

d0348772_21252595.jpg
d0348772_21261430.jpg
ヘアトニック、ワックス、フェイスミストなど。
フェイスミストは9000円だったかな。
高いから迷わず使ってみた^^
お部屋のバスソルト(クリスタル ソルト ハーモニー)もスパのスクラブで使用してたすぐれものなので、たくさん入れて・・・^^
d0348772_21253783.jpg




[PR]
by 96-55 | 2015-12-05 21:58 | 2014 Domestic | Trackback

アマン東京 / AMAN SUITE

Aman Tokyo / アマンスイート
d0348772_23114066.jpg


d0348772_23131612.jpg
車寄せの前に人力車
街めぐりや東京駅などへ送迎

d0348772_23135617.jpg



d0348772_23170205.jpg



d0348772_23152719.jpg



d0348772_23174062.jpg


38階

d0348772_23185238.jpg



d0348772_23193655.jpg



d0348772_23200136.jpg



d0348772_23200450.jpg


d0348772_23211777.jpg


外苑の森、新宿副都心から東京スカイツリーまでを見晴らす157 ㎡の角部屋スイートです。

d0348772_23215585.jpg


椅子があって便利

d0348772_23221806.jpg



d0348772_23225501.jpg


リビング、ダイニングは南側

d0348772_23232656.jpg


414号室 アマンスイート
各フロアに一部屋だけある。

全84室の客室が35階から38階までの4フロアに分かれている。
一番部屋数の多いデラックスルーム71㎡-40室
プレミアルーム81㎡-12室
スィート141㎡-16室
コーナースィート121㎡-12室

d0348772_00383054.jpg


ベッドルーム

d0348772_23275182.jpg



d0348772_23304412.jpg


ウェルカムお菓子

d0348772_23315153.jpg


ウェルカムワイン

d0348772_23331329.jpg



d0348772_23334397.jpg



d0348772_23355192.jpg


ベッドルームのソファからバスルーム

d0348772_23363291.jpg


お部屋にナイキのシューズとトレーニングウェアを用意しておいてくれました。

d0348772_23405318.jpg




d0348772_23413999.jpg


アマン東京のコンプのスナックはポン菓子

d0348772_23421200.jpg



d0348772_23423408.jpg



d0348772_23430814.jpg



d0348772_23451329.jpg



d0348772_23462816.jpg



d0348772_23474893.jpg



d0348772_23480918.jpg



d0348772_23483480.jpg



d0348772_23490750.jpg



d0348772_23492661.jpg



d0348772_23502864.jpg



d0348772_23522403.jpg


ターンダウン後、ゆずが用意されている

d0348772_23525932.jpg



d0348772_23531866.jpg



d0348772_23545305.jpg


ビューバスに何度も入った^^

d0348772_00401744.jpg



d0348772_23570956.jpg



d0348772_00141512.jpg



d0348772_23562744.jpg



d0348772_23583339.jpg



d0348772_00032283.jpg


ダイニング

d0348772_00035743.jpg



d0348772_00055383.jpg



d0348772_00061970.jpg



d0348772_00073179.jpg



d0348772_00083666.jpg



d0348772_00090284.jpg



d0348772_00092959.jpg



d0348772_00101247.jpg



d0348772_00104305.jpg



d0348772_00111504.jpg



d0348772_00122200.jpg


新宿と富士山

d0348772_00133684.jpg


ダイニングの隣に個室

d0348772_00154125.jpg


個室にはワークデスク

d0348772_00161500.jpg



d0348772_00164347.jpg


ワークデスクの奥にトイレ

d0348772_00170253.jpg



d0348772_00175060.jpg


奥がリビング

d0348772_00182116.jpg



d0348772_00211025.jpg



d0348772_00202890.jpg



d0348772_00215861.jpg



d0348772_00225517.jpg



d0348772_00234661.jpg



d0348772_00250738.jpg


皇居と富士山

d0348772_00271936.jpg



d0348772_00280967.jpg


筑波山とスカイツリー

d0348772_00300207.jpg


お部屋で和朝食

d0348772_00320841.jpg



d0348772_00303463.jpg



d0348772_00332995.jpg


神津牧場のバター
和歌山県谷井農園のジャムと蜂蜜
ジャージー牛のアマン アンダちゃんがいるらしい。

d0348772_00343491.jpg


無農薬野菜ジュースと柚子スムージー

d0348772_00230727.jpg

ソフトオープンとはいえ、残念ながらシティホテルとしてはスタッフのレベルが低い。

巷では、「超高級リゾート」とも言わてるが、一部の雑誌などメディアが勝手に作り上げてるだけのような・・・

今後はNYをはじめ、シティリゾート?をつくっていくようだけど、

アマンのリゾートを1.2泊程度で泊まり歩く自称アマンジャンキー?のミーハーくらいしか支持されなくなっちゃうか心配006.gif

元々ハイダウェイリゾートが売りで、10年前はどこも良いリゾートだったと思い込んでたんだけどね。029.gif


[PR]
by 96-55 | 2015-12-05 00:35 | 2014 Domestic | Trackback

Amanpuri - Phuket

アマンプリ
d0348772_21284877.jpg



d0348772_21291660.jpg



d0348772_21292992.jpg

d0348772_21293925.jpg



d0348772_21294853.jpg



d0348772_21295981.jpg



d0348772_21300948.jpg

スパ棟

d0348772_21303063.jpg



d0348772_21304794.jpg

待ってる間・・・

d0348772_21310016.jpg

あんま上手じゃなかった

d0348772_21312997.jpg

ブラックプール
滞在中の3日間ガラガラだった

d0348772_21382125.jpg


d0348772_22305643.jpg


d0348772_21383012.jpg


[PR]
by 96-55 | 2015-11-19 08:28 | Trackback

Amanusa 

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by 96-55 | 2015-11-17 11:54

Amanpulo

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by 96-55 | 2015-11-17 11:13

Amankila

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by 96-55 | 2015-11-17 04:31

Amanjiwo

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by 96-55 | 2015-11-17 02:22