Que Sera, Sera

タグ:Leading Hotels ( 8 ) タグの人気記事

The Ritz Restaurant

リッツレストラン
メインダイニングはルイ16世のサロンをモデルにしたという。
d0348772_10501323.jpg
d0348772_10502679.jpg
コンテンポラリーなスタイルを取り入れたクラシック・キュイジーヌ
d0348772_10512665.jpg
朝食だけど朝から何だか幸せな気分037.gif

d0348772_10522948.jpg

d0348772_10530448.jpg
バターもR
d0348772_10530878.jpg

d0348772_10534698.jpg
どこのヨーグルトだろ・・
d0348772_10540198.jpg
部屋番号言ったら、チェックなしでどーぞ!
チップは要らないんだね065.gif
d0348772_10540916.jpg
おしまい




[PR]
by 96-55 | 2016-07-09 20:06 | 2016 United Kingdom | Trackback

The Ritz London-フィットネス・センター

一応、フィットネス・センターがあったので深夜・早朝と利用しました。
d0348772_16444531.jpg

向かいには、リッツ・サロン
d0348772_16452748.jpg
小さいけど、十分。
d0348772_16461313.jpg

d0348772_16480536.jpg
ちょっとしたスイーツと
d0348772_16485308.jpg
タオルやリッツの名前入りペットボトル

d0348772_16510566.jpg
テクノジム
d0348772_16524472.jpg

d0348772_16493336.jpg
りんごやバナナも

d0348772_16534970.jpg
次はリッツ・レストラン



[PR]
by 96-55 | 2016-07-09 18:31 | 2016 United Kingdom | Trackback

JOHN LOBB Bootmaker

言わずと知れたジョンロブ ロンドンである。
宿泊したホテルから徒歩数分。セントジェームス通りにある。
ジョンロブ パリ(エルメス傘下の既成靴)とは全くの別物。私が持ってるすべてがパリのジョンロブ。
こちらはビスポーク専門です。

d0348772_16122751.jpg
ジョンロブの靴を高いと思うか、高くないと思えるか・・・

d0348772_16135523.jpg
ちなみにシューホーンもロンドンとパリでは違いがり、
名前の通り水牛の角で作られているのがロンドンであり、
金属でつくられているのがパリです。シューホーンはパリの方が高いけど。
もちろん私はロンドンのシューホーンを2つ持ってます003.gif

d0348772_16140727.jpg

d0348772_16141751.jpg

d0348772_16142757.jpg

d0348772_16145127.jpg
えへへ。また来るね003.gif
d0348772_16151554.jpg
PRESTAT

d0348772_16152056.jpg

d0348772_19364497.jpg

[PR]
by 96-55 | 2016-07-09 17:18 | 2016 United Kingdom | Trackback

The Ritz London-客室

玄関ホワイエから
d0348772_11380908.jpg
全 135 室
スーペリア・クイーン 12 室。22.2 ㎡。
スーペリア・キング 29 室。24 ㎡。
エグゼクティブ・キング 27 室。30 ㎡。
デラックス・キング 20 室。36 ㎡。
ジュニア・スイート 23 室。46 ㎡。
1 ベッドルーム・スイート 3 室。62 ㎡。
ピカデリー・スイート 4 室。77 ㎡。
グリーン・パーク・スイート 10 室。77 ㎡。
2 ベッドルーム・スイート ピカデリー・スイート、又はグリーン・パーク・スイートのいずれかと隣室のご利用。
シグネチャー・スイート
バークレー・スイートアーリントン・スイートロイヤル・スイートプリンセス・オブ・ウェールズ・スイート
尚、シグネチャースイートへ宿泊した場合、Ritz仕様のロールスロイス・ファントムによる空港への片道送迎サービスに加え、24時間体制でRitzバトラーサービスを利用できる。
d0348772_11412455.jpg
全てのゲストルームとスイートには、全室個別の装飾がなされている。

d0348772_11425591.jpg

d0348772_11434037.jpg
客室は、リッツのホテルカラーであるブルー、ピーチ、ピンク、イエローで統一されている。

d0348772_12104961.jpg
リビング

d0348772_12093193.jpg

d0348772_12125186.jpg
ウェルカムコーヒーと
ウェルカムスイーツの
d0348772_12140429.jpg
和菓子w

d0348772_12154095.jpg

ベッド
d0348772_12183279.jpg
間接照明

d0348772_12254599.jpg


d0348772_12211553.jpg

d0348772_12221234.jpg

d0348772_12233272.jpg

d0348772_13551453.jpg
ティッシュもロゴ入り

d0348772_12201738.jpg

d0348772_12245301.jpg
鉢もリッツ

d0348772_12242316.jpg

d0348772_12271337.jpg

d0348772_12274370.jpg

d0348772_12284349.jpg

d0348772_12292839.jpg

d0348772_12313801.jpg
ソールの厚みがある履き心地よいスリッパ
青は大きめのメンズ
白は小さめのレディース

d0348772_12321992.jpg
バスルーム
d0348772_12334919.jpg

d0348772_12342825.jpg
独立したシャワールームは狭い
仕方ないんだけど、外開きは良くないんだよね。
なぜだか知ってる?
基本だよー。

d0348772_12355301.jpg
アスプレイ

d0348772_12375780.jpg
バスタブ
d0348772_12372726.jpg

d0348772_12382763.jpg
ロゴ003.gif
d0348772_12384292.jpg
そして
玄関開けたら・・・

d0348772_12442085.jpg
シューシャインをお願いした靴が置いてあった。
こんな風に届けられてのは初めて。


お向かいさんもw
d0348772_12474850.jpg
なんか怪しいお部屋にお邪魔してるような風景ww

[PR]
by 96-55 | 2016-07-09 16:57 | 2016 United Kingdom | Trackback

The Ritz London


ザ・リッツロンドン
今回ロンドンでの宿をリッツにしてみた。

空港よりホテルのリムジンで到着。
ジャガーだったら良いなぁと期待してたけど、コンプなのでベンツだった002.gif
d0348772_23504007.jpg
昨年はサヴォイやフォーシーズンズを利用したので(もっと遡ればメリディアンピカデリーやザ・トラファルガー等)
次に滞在してみたかったのは、クラリッジスかドルチェスターまたはゴーリング。帰国前の最後の滞在にマナーハウスのクリブデンも良いな。
しかし、LHWのサイトでリッツの安いレートを見つけたので速効予約した。
エティハド乗りに行ったりしたので、ここ半年くらいで3度目の渡英です!

d0348772_23515930.jpg
このホテル、館内にドレスコードがあり、予約時のメールにもその案内がありました。
THE DRESS CODE

Reflecting the elegant nature of the hotel’s architecture The Ritz London has a dress code in different areas of the hotel as follows: Gentlemen are required to wear a jacket and tie for afternoon tea in The Palm Court and for lunch and dinner in The Ritz Restaurant. In all other areas of the hotel (The Ritz Restaurant breakfast service, The Rivoli Bar, The Long Gallery) and The Ritz Club, smart casual attire is suitable. Please note that trainers or sportswear are not permitted in any of the hotel or Club’s restaurants or bars.

そのせいか、チャラ男のような輩を一切見かけないw
これ重要。
客層を維持するのって大変難しい。
安易にポイント付与するようなホテルでは難しいだろうな。

d0348772_23511216.jpg
リッツと言えば言わずと知れた、セザール・リッツが1906年に創業したロンドン屈指の名門ホテル。
他にリッツのホテルはパリとマドリッド(Belmond→MOのオペレーション)のみ。
マドリッドもプラドビューのスイートに宿泊したことがあるが、バルセロナもリッツ・バルセロナ(現エルパレス)に宿泊したことがある。

ここのリッツは、もちろんリッツカールトン(リッツの死後に「リッツ」のフランチャイズ権と商標使用権を得た)という米系のホテルとは全くの別物。
リッツカールトンはパリとロンドンでリッツカールトンの名前で開業できなかったはず(笑)
なので、エディションで開業してる。
バルセロナのリッツカールトンもアーツとかいう名称だから、リッツの名を名乗ることができないのかもね。

パリのリッツは無事リノベも終わり3月からオープンという矢先に火事005.gif
とりあえず今年は秋頃に宿泊し世界初のシャネルスパでまったりするつもり016.gif

ではご自慢のルイ 16 世時代の優雅な装飾様式の館内へ
まずはロビー周辺と1階ダイニングエリア

d0348772_00121045.jpg
エントランス
左のカウンターがコンシェルジュデスク、右奥に、レセプションがある。


d0348772_23535129.jpg
宮殿のよう

d0348772_23540488.jpg
素晴らしいアイアンワーク

d0348772_23542991.jpg

d0348772_23545914.jpg

d0348772_23553088.jpg
真下にコンシェルジュデスクが見える吹き抜け
d0348772_23560781.jpg
ロビーは3層の丸天井
d0348772_23565392.jpg
中央にお花

d0348772_23572749.jpg
クーポラのような天井
d0348772_23575777.jpg
キレイなロートアイアン
d0348772_23581299.jpg
ダイニングやラウンジエリアのグランドフロア
d0348772_00002536.jpg

d0348772_00005591.jpg
パームコートはアフタヌーンティーで有名

d0348772_00020751.jpg
ラウンジ
d0348772_00014372.jpg

d0348772_00024107.jpg

d0348772_00031734.jpg

d0348772_00033895.jpg

d0348772_00043328.jpg

d0348772_00044777.jpg

d0348772_00045726.jpg

d0348772_00050889.jpg

d0348772_00054202.jpg
一番奥には、ルイ16世のサロンをモデルにしたメインダイニングのリッツ・レストラン
どこも床から天井まで広がる窓と素晴らしいシャンデリアが印象的です。

d0348772_00061638.jpg
プライベートダイニング

d0348772_00062571.jpg
エレベーターで客室へ
d0348772_00065554.jpg

d0348772_00074010.jpg

d0348772_00082672.jpg
続く


[PR]
by 96-55 | 2016-07-09 15:20 | 2016 United Kingdom | Trackback

空港からはホテルのリムジン

LHR
T3のアライバルゲートでお出迎え。
d0348772_20101015.jpg
空港-ホテル間、片道無料のベネフィットが付いてた003.gif


エミレーツのショーファー利用した時と同様に、まずは駐車場へ
d0348772_20122037.jpg


ナイツブリッジで超トラフィックに遭遇した007.gif
d0348772_20131668.jpg

ドライバーがスパーズのフアンらしく、今年はなんと55年ぶりに優勝争いしていて楽しみだとか・・・
オカザキいるからレスター応援してる話しとかであっという間にホテルへ
d0348772_20140503.jpg

そういや空港からスタートしてすぐ、音楽聞く?って
流れてきた曲がこれ↓
わ~ぉ、Little Mixじゃん!
おっさんナイス003.gif

ロンドン滞在中、Secret Love Songが頭の中ぐるぐる・・・
d0348772_20145670.jpg


部屋でアイポッド聞いてたのはZAYNのピロートーク


[PR]
by 96-55 | 2016-07-09 14:17 | 2016 United Kingdom | Trackback

The Sukhothai Bangkok


ザ スコータイ バンコク

d0348772_16440685.jpg



d0348772_16444093.jpg

The Sukhothai Bangkok
ロビーはチーク材を中心にしたシックなインテリア

d0348772_16451161.jpg

古代都市スコータイをモチーフにストゥーパやパゴダを再現している

d0348772_16454790.jpg

客層はバンコク一番でしょうか

最近予約システムを変えたとかで、リーディング外れちゃったからどうなるか・・・

d0348772_16482223.jpg

世界的に著名な建築家とデザイナーが細部に亘って丁寧に造り上げたデザイン。数多くの受賞歴を誇るケリー・ヒル、“Architectural Digest”誌「世界の建築家トップ100」に選ばれたエドワード・タトル、タイ原産のファブリックを使った作品で知られるタイの著名デザイナー、ピッチトラ・ブンヤラタパン、才能豊かなアーティストのアンサンブルによるシンフォニーの傑作、それがザ・スコータイです。HPより

d0348772_16491074.jpg

ケリー・ヒルといえばアマンリゾーツで有名
Amanusa、Amansara、Amankora、Amangalla、Amanwella
アマン東京も
その他、台湾のラルーやアリラ・ウブド、マンギス

チェディチェンマイ等・・・

d0348772_16511200.jpg


d0348772_16521325.jpg



d0348772_16502790.jpg

ウエルカムチョコ

d0348772_16525330.jpg

ウエルカムフルーツ

d0348772_16535526.jpg



d0348772_16551150.jpg



d0348772_16542555.jpg



d0348772_16561240.jpg



d0348772_16571028.jpg


メインの回廊

d0348772_17014655.jpg


スパ・ボタニカ

d0348772_17021600.jpg



d0348772_17031420.jpg


プール

d0348772_17033451.jpg

d0348772_22432098.jpg

ヘルスクラブ

d0348772_17052112.jpg


Life Fitness

d0348772_17055675.jpg


ロッカーは地階

d0348772_17065777.jpg



d0348772_17084717.jpg



d0348772_17093677.jpg


ジャグジー、サウナ、スチームルームなど

d0348772_17112994.jpg


スコータイといえばチョコ

d0348772_17114755.jpg



[PR]
by 96-55 | 2016-06-30 23:52 | 2014 Thailand | Trackback

LOUNGE BAR Prive / Afternoon Tea at パレスホテル

ラウンジバー:PrivéのAfternoon Tea

d0348772_23260198.jpg

d0348772_23290928.jpg

2段のスタンドとスコーンのお皿

注目は上段スイーツプレートの「ガトーマルジョレーヌ」
奇を衒ったプチガトーが良い。

長年にわたりミシュランの星を守り続けているフランス「ラ・ピラミッド」のレシピで作られるこのケーキを食べられるのは、日本ではここプリヴェだけだそうで。

d0348772_23300541.jpg

スコーンがのったお皿

このヴルーテがめちゃ美味で最初からやられたって感じです。

紅茶はドイツのロンネフェルト(ちなみにアマン東京も同じでした)
ロンネフェルトといえばモルゲンタウが有名ですが、
プレートにあわせていただきます。何度でも種類を変えておかわりできます。
はじめはダージリン、次におすすめのトロピカルオレンジ。
ガトーマルジョレーヌにはミルクティーが合いそうです。
マンゴーサンも美味しかった^^

d0348772_23303659.jpg

スコーンは1個だけだったので、
クロテッドクリームをたっぷり♪

クロテッドクリームに蜂蜜かけると、イスタンブールのカイマックに♪

俺の塗り方は全部載せw
見た目も酷い(笑)

d0348772_23310693.jpg

ガトーマルジョレーヌ 絶品だぜ!!
コーヒーとチョコの融合が素晴らしい。
5層で構成されていて、口の中で徐々に広がって行く感じ。

パテのライブレッド・サンドウィッチはバゲットが隠れて見えない大きなもの。粗挽き肉は噛むほどになかなかのお味で。。
カリフラワーのフリットは揚げ立て?食感もよく塩味が効いててカレー風味で美味しかった。

上段
プティフルはキャラメルマカロン
季節のフルーツ
オリジナル・ショコラ
ガトーマルジョレーヌ 

下段 左から
鴨肉のパテのライブレッド・サンドウィッチ
シュリンプ、帆立貝&ラタトィユのバゲット・サンドウィッチ
ハム、ドライトマト&オリーブのケーキ
カリフラワーのフリットのピンチョス

d0348772_23315469.jpg

森をイメージしたようなデザイン

アフタヌーンティーには伝統を守り続ける正統派と斬新なアイデアが楽しめるモダン派があるらしい・・・

d0348772_23333833.jpg

アフタヌーンティーとは
英国貴族が生んだものであり、(これに対しスコットランドの労働者階級が発祥とされるハイティーがあります)
ケーキスタンドには
サンドイッチ、スコーン、ペストリー(ケーキ)の3点が提供されます。
これに紅茶が付けばアフタヌーンティーです。

紅茶とスコーンだけの場合はクリームティーといいます。
なのでそれ以外のティーフードはおまけのようなものです。
2段または3段トレイも、下からサンドイッチ、スコーン、ケーキの順に並べられますので、食べる順も下のサンドイッチからです。
ケーキを食べた後などに、再度サンドイッチを食べるのはNGです(笑)
但し、スコーンが温かい場合は先に食べてもかまいません。というか、スコーンが冷めるとポサポサして美味しくないので先に食べます(笑)
そして、
スコーンにはクロテッドクリーム。(&ジャムと蜂蜜)
クロテッドクリームがなければアフタヌーンティーとは言えません。
冷めたスコーンもこのクロテッドクリームをのせればパサパサしません。

正統派アフタヌーンティーの条件として
1、2段または3段トレイで
2、サンドイッチ、スコーン、ケーキ
3、クロテッドクリームが添えられている

3段トレイははずさず、一旦取り皿にとってからいただきます。

<サンドイッチの食べ方>
ひと口大に切られていれば、そのまま食べてもOKです。
少し大きなめの場合はお皿に取って寝かせ、ナイフとフォークを使って食べます。

<スコーンの食べ方>
スコーンは上下に割って食べます。この時、手に持って上下二つに割ると簡単に割れます。手で割るのが正式な食べ方ですがフォークの歯かナイフを使う場合、上から縦に切らず、横から上下に切り分けてください。
次にそのスコーンへクロテッドクリームを塗ります。
ジャムを先に載せ、クロテッドクリームを載せるのが正式な食べ方といわれてます。これに対し、先にクロテッドクリームを載せ、ジャムを添える食べ方もあります。前者はコーンウォール式、後者はデヴォン式です。
クロテッドクリームは英国の南西部デボンとコーンウォール特産のクリームの為、そうなったようです。

<ケーキの食べ方>
ケーキ類は三角形であれば尖っている方から一口づつ切って食べます。
崩れやすいケーキは横に倒して食べても大丈夫です。
<紅茶の飲み方>
ティーカップはソーサーごと持っていただくのがマナーです。
但し、テーブルが高い場合はカップだけでもOKだそうです。
また、カップのハンドル(取っ手)に指を入れて飲んではダメです。
ハンドルをつまむように持つと指もキレイに見えエレガントです。

いやはや(笑)
楽しくいただければマナーとか細かいことは良いんじゃないの。

d0348772_23341906.jpg


[PR]
by 96-55 | 2015-12-20 23:50 | 2015 Domestic | Trackback